文字サイズ

  • 小
  • 大

根管治療・口臭治療

根管治療:重度の虫歯でも歯を残せます

歯の神経にまで達した虫歯(C3)は、抜歯をしなければならなくなる一歩手前の危険な状態です。抜歯が必要になる前に、「根管治療」によって歯の根を残しましょう。根管治療とは、神経の入っている細い管(根管)から感染した神経や血管を取り除き、内部を洗浄・消毒して薬剤を充填する治療です。

根管治療は正確な処置によって病気の再発を抑えることが何よりも重要です

根管治療の流れ

STEP1

歯の上部(歯冠部)を削って、根管部分を見えるようにします。

STEP2

リーマーやファイルという専用の器具で、根管内の虫歯菌に汚染された神経などを丁寧に取り除きます。

STEP3

根管を拡大し、薬品を使ってその中を洗浄・消毒します。

STEP4

垂直加圧充填もしくは側方加圧充填のいずれかで薬剤を根の先まで詰め、密封します。

STEP5

密封した歯根に芯(コア)を立て、その上に被せ物を装着します。

根管治療の薬剤充填方法

垂直加圧充填(バーチカル)
根管の上から垂直に薬剤を押し込む方法です。歯根の先端まで、すき間なく充填できます。
側方加圧充填(ラテラル)
根管の深さを正確に測り、その長さに合わせて薬剤を充填。横から専用器具で圧接し、すき間なく薬剤を詰めます。

根管治療で使われる器具

ラバーダム

ラバーダムとは、治療中の根管に唾液などが入ることによる感染を防ぐためのゴム製シートです。これを使用することで、根管治療の成功率を大きく高めることができます。ラバーダムは採算が取れないため日本では使っている医院が多くありませんが、確実な治療をご提供するために当院では根管治療時に使用しています。

ニッケルチタンファイル
根管治療の際の、根管形成に用いる器具です。通常使用されるステンレス製のファイルよりも柔軟性があるので、複雑な形状の根管にも自在に対応できます。当院では、歯への負担を軽減し、精密な根管治療を可能にするためにニッケルチタンファイルを使用しています。
歯科用CTの重要性
根管は細く、複雑に曲がったり枝分かれしたりしているので、感染部を完全に除去するのは非常に高度な作業。この難しい治療を成功させる上では、お口全体を立体的画像で確認できる歯科用CTがおおいに役立ちます。歯科用CTによる正確な診断や治療計画の立案が、治療の成功に関わります。

虫歯かな?と思ったら、すぐ歯医者さんに行きましょう

根管治療は、重度の虫歯になってしまった場合に、抜歯を避けるために行う治療です。難しい治療のため、数回の通院が必要になることがほとんど。虫歯かな?と思ったら、放っておかず、なるべく早く歯医者さんに行きましょう。まずは虫歯にならないこと、そして重症化させないこと。そのためには、大阪市阿倍野区の歯医者「西村歯科医院」の定期検診をご活用ください。

根管治療についてこちらもご覧ください

虫歯を予防したい……予防歯科のことは西村歯科医院にお問い合わせください

口臭治療:口臭も歯科医院で改善できます

検査で原因をはっきりさせないと適切な口臭対策は実現できません!

口臭の原因は、内臓疾患、体臭、虫歯、歯周病などさまざまです。そのため、口臭の改善には、その原因を突き止めることが重要です。食習慣が口臭の原因になっていることもあるので、正しい知識を持って改善に努めましょう。コーヒーやタバコは口臭の原因になるものとしてよく知られていますが、緑茶でも飲み過ぎるとかえって口が渇いてしまい、口臭の原因になることがあります。

口臭の原因は一つではありません

生理的口臭 病的口臭

口臭には「生理的口臭」と「病的口臭」の2種類があります。生理的口臭とは、朝起きたときや緊張したとき、口が渇いたときなどに起きる口臭のことです。一方の病的口臭は、その名の通り、病気や体調を原因とする口臭です。虫歯や歯周病、鼻やのどの病気、食道・肺の病気や肝硬変、また便秘や消化不良、胃潰瘍などの消化器系疾患、肥満や疲労、ストレスなどが口臭の原因になることがあります。

自臭症という場合もあります
「自臭症」をご存知でしょうか? 「自臭症」は生理的口臭でも病的口臭でもなく、家族や友人などまわりの人は気づかないにもかかわらず、自分自身の口臭が気になって仕方がなくなってしまう症状のことです。深刻な「自臭症」の場合は、ノイローゼや対人恐怖症につながってしまうケースもあります。
口臭検査で正しい予防の知識を身につけましょう
お口の中の病気が原因の口臭は検査できます。口臭探知機「オーラルクロマ」なら、口臭の原因になるガスのうちのおもな3種類、「硫化水素」「メチルメルカプタン」「ジメチルサルファイド」の濃度を測定し、口臭の原因をおおまかに特定することが可能。お口の汚れや歯周病などの治療にも役立てることができます。

口臭治療についてこちらもご覧ください

ドライマウスの症状をお持ちの方へ

女性では、30~40代に多いといわれるドライマウス(口腔乾燥症)。ちなみにドライアイの方は、ドライマウスである可能性が高いようです。唾液の分泌機能低下が気になるようでしたら、まずは阿倍野区の歯医者「西村歯科医院」へお越しください。サプリメントもご用意しています。

ドライマウスについてこちらもご覧ください

口臭やドライマウスが気になるのでしたら西村歯科医院にお問い合わせください

上へ行くんやで! PAGE TOP