文字サイズ

  • 小
  • 大

レーザー治療・歯科鍼灸

レーザー治療:水の力を使う新世代のレーザー装置もあります

ドリルで削る治療の音や痛みが苦手な方にもレーザー治療はおすすめです。

さまざまな医療現場で使われるようになっているレーザー治療は、歯科医療の現場でも活用されはじめています。消炎、鎮痛、止血、殺菌、消毒などの効果が期待でき、術後の回復が早いという特長もあるレーザー治療。大阪市阿倍野区の歯医者「西村歯科医院」でも、幅広い治療に役立てています。

レーザー治療は幅広い治療に役立ちます

虫歯治療
レーザーの熱エネルギーにより虫歯菌を殺菌。治療に際して麻酔の必要がなく、痛みもないので、患者様の身体的負担を抑えられます。削り過ぎてしまうこともありません。
歯周病治療
レーザーの殺菌作用により歯周病菌を減少させます。レーザーで歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)から膿を除去し、痛みや腫れをやわらげて治癒を早めます。予防効果も期待できます。
根管治療
根管治療では、神経の入っていた細い管(根管)から感染した神経や血管を取り除き殺菌する際にレーザーを使用します。治療時の痛みを軽減できます。
知覚過敏症の治療
虫歯ではないのに「歯がしみる」知覚過敏症は、象牙細管という歯の神経につながる小さな孔から神経が刺激されて起こります。レーザー治療によって歯の表面に薄い膜を作り、この孔をふさぐことで刺激の伝達を抑えます。
口内炎・口角炎の治療
レーザーの消炎作用と鎮静作用により口内炎・口角炎の治りを早めます。入れ歯が強く当たってできる潰瘍(かいよう)にも効果的です。数回の照射で痛みをやわらげ、治癒を早めます。
歯ぐきの黒ずみ除去
歯ぐきの黒ずみの原因であるメラニン色素はレーザーで除去できます。痛みなく短時間で健康的なピンク色の歯ぐきを取り戻すことが可能です。

レーザー装置の種類

Nd:YAGレーザー
歯ぐきの切開が可能な、高性能のレーザー装置です。患者様の負担を抑えた歯周病外科手術を実現します。痛みをほとんどともなわないので、歯だけでなく心身の負担の軽減につながります。
ライトタッチ
水の力を使って治療する、新しい世代のレーザー治療機器です。レーザー光が持つ熱が水の分子に触れることで発生する運動エネルギーを使って、歯や歯ぐきの処置を行います。副作用の心配がないので、妊婦の方や小さなお子様にも安心です。

西村歯科医院はレーザー治療に積極的です

まだまだ、導入している医院が少ない歯科用レーザーですが、阿倍野区の歯医者「西村歯科医院」では各種のレーザー機器を取りそろえて治療・処置を行っています。歯周病治療への応用の経験と実績には自信がありますので、レーザー治療に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

レーザー治療についてこちらもご覧ください

さまざまな治療に活用! レーザー治療のことは西村歯科医院にお問い合わせください

歯科鍼灸:歯や顎関節症の痛み軽減に役立ちます

ツボを刺激する歯科鍼灸、これから注目されるかもしれませんよ!

歯科鍼灸」をご存じですか? まだ、認知度が低い歯科鍼灸ですが、歯痛や顎関節症の痛み軽減に効果が期待できます。首から上の4つのツボ「下関」「曲池」「頬車」「合谷」に鍼(はり)を刺し、電流をわずかに流して刺激することで心地よい感覚が得られます。痛みはありません。

歯の痛み・顎関節症の痛みに効く歯科鍼灸

診察台に座ったまま行います。歯科鍼灸師の資格を持つ術者がツボに鍼を刺し、微電流を流してツボに刺激を与えます。この刺激が歯の痛みや顎関節症の痛みの軽減につながります。

マイオモニター
痛みのある部分に超低周波の電気で咀嚼筋と頚部の2ヶ所の筋肉を同時に刺激します。治療に要する時間も短いので、負担もほとんどかかりません。多くの顎関節症の患者様が、この装置を使うことで顎の痛みから開放されています。

当院の院長は歯科鍼灸師の資格を取得しています

阿倍野区の歯医者「西村歯科医院」では、院長が歯科鍼灸師の資格を保有しています。歯の痛み、歯の違和感など気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

歯科鍼灸についてこちらもご覧ください

歯科鍼灸で歯や顎の痛みを軽減西村歯科医院にお問い合わせください

口腔外科:親知らずが痛い、口に怪我をした・・・

親知らず抜歯、粘液嚢胞もお任せください!

口腔外科とは、ほとんどの場合は親知らずの抜歯です。それ以外の場合、例えば、お口の中のできものの治療や、お口の傷の治療などがあります。当院では、歯科用CTを使った精確な親知らず抜歯の診断からレーザーによる粘液嚢胞(ねんえきのうほう)のようなできものの治療までできます。お気軽にご相談ください。

親知らずの抜歯には歯科用CTでの精密診断が不可欠です

パノラマレントゲンでは一見抜歯不可能なように見える親知らずでも、歯科用CTで診断したところ実は抜歯可能な親知らずだったということもあります。他院で病院でしか抜歯できないと診断された方でも、近くの歯医者で抜歯できる可能性があります。

歯科用CTについてこちらもご覧ください

粘液嚢胞(ねんえきのうほう)でお悩みの方に

くちびるの内側には唾液を出すための袋状のものがたくさんあります。その袋に何らかの原因によってくちびるに傷ができ、唾液がうまく外に出なくなることで袋が膨らむ症状です。ただ単に針で刺して唾液を抜くだけでは再発する可能性があるため、完全に取り除く必要があります。

当院では、各種レーザー治療によって症状が出ている箇所のみを完全に取り除くことができます。粘液嚢胞(ねんえきのうほう)が何度もできるとお悩みの方は是非当院へお気軽にご相談ください。

レーザー治療についてこちらもご覧ください

親知らず、粘液嚢胞も治療できます!
西村歯科医院にお問い合わせください

上へ行くんやで! PAGE TOP